“意外と多いのが、痴漢あるいはその冤罪を受けそうな人が、駅員や警備員に咎められている際に、逃走のために線路に立ち入るケースである。「線路に人立入とのアナウンスは痴漢の隠語」とのデマが広がっているほどだ。 …”

意外と多いのが、痴漢あるいはその冤罪を受けそうな人が、駅員や警備員に咎められている際に、逃走のために線路に立ち入るケースである。「線路に人立入とのアナウンスは痴漢の隠語」とのデマが広がっているほどだ。

痴漢への対応の場合は「お客様同士のトラブル」等とアナウンスしており、隠すために「線路に人立入」と言い換えていることはない。「線路に人立入」は本当に多いのだ。

【沿線革命053】 もう遅延はゴメンだ 「線路に人立入」と「ダイヤの乱れ」はこうして防げる  | 住みたい街2015 | 現代ビジネス [講談社]

“奴隷の人々には希望がありませんでした。子供が自分と同じ運命になるなら子供なぞいらない、ということで、奴隷の間では出生率が高くありませんでした。まるで現在のどこかの国のお話の様です。奴隷の数が増えない上、…”

“奴隷の人々には希望がありませんでした。子供が自分と同じ運命になるなら子供なぞいらない、ということで、奴隷の間では出生率が高くありませんでした。まるで現在のどこかの国のお話の様です。奴隷の数が増えない上、奴隷は病気や自殺で死んでしまうため、プランテーションでは7−10年毎に大人の奴隷を買ってきて入れ替えるのが当たり前になっていました。子供は生まれない上、生ませて育てるのも面倒なので、最初から働ける大人をどこかから買ってきたわけです。まるでどこかの意識高い外資系企業の様なお話です。”

欧州の組織はなぜ従業員を丁重に扱うのか – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) (via mayumiura)

“カリフォルニア州立大学バークレー校教授らの調査によると、ファストフード労働者の半数が健康保険や食事補助など何らかの公的支援を受けており、総額は全米で年70億ドルに上るとのこと。これを受け、ニューヨーク州…”

“カリフォルニア州立大学バークレー校教授らの調査によると、ファストフード労働者の半数が健康保険や食事補助など何らかの公的支援を受けており、総額は全米で年70億ドルに上るとのこと。これを受け、ニューヨーク州のアンドリュー・クォモ知事は、ファストフード企業は経営者の給与が非常に高く、多額の利益を出している一方で、従業員の給与を低く抑え、税金で従業員の生活費を賄わせていると批判しています。”

最低賃金1800円条例が次々可決される米国、施行された都市では何が起こっているのか(田中めぐみ) – 個人 – Yahoo!ニュース